Archive for the '帳簿:決算書' Category

22nd

前回は取引資料せんの作成目的と税務調査の関係について調べましたが、今回も取引資料せんについて調べたいと思います。
今回は『集め方』です。
資料せんは簿記で記帳することはないと思いますが、もし記帳することがあるのであれば記帳の仕方についても調べたいと思っています。
◆取引資料せんの集め方
反面資料は資料を提供してもらい集める他に反面資料としては、次のようなものが考えられます。
①200万円を超える外国送金をすると、銀行から税務署へ「国外送金等調書」が送られてきて、送金者の情報を得る方法
②不動産の売買や贈与などがあって、不動産の登記を変更した場合に得る方法
③ゴルフ会員権の名義変更により得る方法
税務調査で反面資料を収集する際、外国為替証拠金取引の利益を申告しなかったため、多額の納税を税務署から求められているケースがあることを新聞などで報道されていますが、税務署に対して報告の義務がない業者を介して取引をした場合、税務署に取引状況を知られることはありません。
しかし、その業者に税務調査が入ると顧客勘定元帳のデータを押さえられてしまうと、すべての取引が記録されているため無申告の投資家が一目瞭然で判明してしまいます。
税務調査では、調査対象会社に対し申告の正確性の確認の他に、取引先の反面資料の収集もされるので、「分からないだろう」という考えていると痛い目を見ます。

決算書に関する帳簿について調べています。
決算書に欠かせない財務諸表。その中でも何種類かあるので、まずは「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の財務三表と呼ばれるものについて調べる事にしました。
◆キャッシュフロー計算書
 キャッシュフロー計算書は一定期間の資金流入や流出を「営業活動でのキャッシュフロー」
 「投資活動でのキャッシュフロー」「財務活動でのキャッシュフロー」の三つに分けて表示し、
 各計算書を見ることでキャッシュの発生源泉が分かり、企業の価値が判断できる。
 「営業活動でのキャッシュフロー」は営業活動で得たキャッシュを示しており、「投資活動での
 キャッシュフロー」は、定期預金の預入や払戻し、有価証券の取得・売却、固定資産などの
 資産の取得や売却などによるキャッシュを示します。
 「財務活動によるキャッシュフロー」は、借入れによる収入や返済による支出などを表しています。

10th

損益計算書

Posted by Tyobo, in 帳簿:決算書

決算書に関する帳簿について調べています。
決算書に欠かせない財務諸表。
その中でも何種類かあるので、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の財務三表と呼ばれるものについて調べる事にしました。
◆損益計算書
 損益計算書とは、財務諸表の1つであり、企業のある一定の期間の収益と費用の状態を表すた
 めに、複式簿記により貸借対照表などと一緒に作成される。
 その企業の株主や債権者などに経営状態に関する情報を提供するものの1つとされている。
 損益計算書等は、下記の項目に区分して表示しなければならない決まりとなっています。
 この場合、各項目について細かく分けることが適当な場合には、適当な項目に分けることが
 できる。 
 1. 売上高 2. 売上原価 3. 販売費や一般管理費 4. 営業外収益 5.営業外費用 
 6.特別利益 7.特別損失
特別利益に該当する利益は、固定資産売却益や前期損益修正益などの項目の区分に従って分けなければいけない。
特別損失に該当する損失は、固定資産売却損や減損損失や災害での損失や前期損益修正損などの項目の区分に従って分けなければいけない。
各利益や各損失のうち、その金額が重要でないものについては、当該利益又は損失を細分しない。

28th

貸借対照表

Posted by Tyobo, in 帳簿:決算書

前回まで、帳簿について調べてきました。
今回からは決算書に関する帳簿について調べていきたと思います。
そもそも決算書とは、企業のある一定の期間の経営成績を表現していて、経営者の成績表と言っても過言ではないものですが、正確には「財務諸表」の事を指します。
今回は財務諸表の中でも何種類かあるので、まずは「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」の財務三表と呼ばれるものについて調べる事にしました。
◆貸借対照表
 貸借対照表とは、バランスシートとも呼ばれる財務諸表の1つ。
 企業の一定時期の資産、負債、純資産の状態を表すために複式簿記によって、損益計算書と
 同時に作成され、その企業の株主や債権者やそのほかの関係者に経営状態に関する情報を
 提供する。
 また、株式会社では官報、新聞、インターネットでの決算公告が義務付けられており、損益計
 算書とともに公告される。
 一般的に、開業時、決算時などに作成され、ほかには月次で作成されることもある。
 決算前に中間貸借対照表を作成する場合もある。
 借方には「資産の部」があり、資産の額が表示され、貸方は「負債の部」と「純資産の部」に分
 かれていて、それぞれ企業のある時点での負債の額と純資産の額とが記入される。
 純資産の部は、最初に投入した資本金や資本剰余金と、企業活動によって集まった利益の蓄
 積額から配当などで社外に流出した金額を差し引いた利益の剰余金などが記入されている。
 借方金額と貸方金額の総計とは等しいので、借方から貸方を見れば、総資産の資金源泉が負
 債なのか純資産なのかが分かるようになっている。