Archive for the '帳簿:主要簿' Category

22nd

総勘定元帳

Posted by Tyobo, in 帳簿:主要簿

前回に引き続き、帳簿の中でも主要簿について調べています。
今回は『総勘定元帳』についてです。
◆総勘定元帳
 総勘定元帳とは、勘定科目別に全ての取引を記入する勘定口座を集めた帳簿のことであり、
 単に元帳とも呼ぶ。
 仕訳帳とともに主要簿を構成され、総勘定元帳には仕訳帳からすべて転記され、期末や決算
 の時期には、総勘定元帳から、貸借対照表、損益計算書の2種類が作成される。
 総勘定元帳の勘定科目は次のいずれかの区分に分類される。
 1.資産 2.資本 3.収益 4.利益 5.費用 6.負債 7.損失

10th

仕訳帳

Posted by Tyobo, in 帳簿:主要簿

帳簿の中でも主要簿というものについて詳しく説明したいと思います。
今回は『仕訳帳』についてです。
この仕訳帳の記述内容や、他の帳簿との関係などを見てみたいと思います。
◆仕訳帳
 仕訳帳とは、日付の順に全ての取引を記入した帳簿のことであり、総勘定元帳とともに主要簿を
 構成するために使用されるものである。
 取引が発生した場合、仕訳帳での仕訳が行なわれた後に、総勘定元帳に転記される仕組みに
 なっている。
 仕訳帳を使わずに、入金、出金、振替などの仕訳を行い、伝票から総勘定元帳に転記する、
 伝票会計を活用することもある。
 一般的な仕訳帳としては、日付、摘要、元丁、借方金額、貸方金額の各欄からなる。
◆摘要欄 - 勘定科目を記入。借方勘定科目は左寄せ、貸方勘定科目は右寄せで記
        入する。
        借方や貸方の科目が2つ以上に分かれるときは、勘定科目の上に「諸口」
        と記入する。
◆元丁欄 - 仕訳帳から総勘定元帳の勘定口座に転記する際は、転記が完了した事を示すた
        めに、元帳の勘定科目のページ数か勘定口座の口座番号を記入する。