27th

帳簿と青色申告

Posted by Tyobo, in 帳簿とは

早いもので11月ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
年末近くになるとどうしても忙しくなるのが確定申告の準備なのではないでしょうか?

そのために帳簿を見直したり帳簿の記帳が間違っていたら修正したりしなければいけないという作業に取り掛かっているころだと思います。
今回は、帳簿と青色申告の基礎知識について勉強していきたいと思います。

そもそも青色申告って何のことかわかりますか?
これは、原則となっているように年収に応じて税金を払いますよね?
会社員の場合は定額給料制なので12月の給料をもらう前だったとしても年末調整をすることができ、税金の支払い金額を算出することができます。
そのために確定申告の必要はないのですが、独立して仕事をしている人や自営業の人はこの年収に当たるその年の所得に関しては年末に収支を計算するまで分からないということになり、売上と経費を日々帳簿につけて管理して年末に帳簿を占めることで、いくらの利益があったのかや損失があったのかなど計算することになります。

その後自分で決算をしたものを申告して所得税を支払うということになるのです。
また、所得税の申告方法は「青色申告」と「白色申告」の2種類がありますが、青色申告の方が複式簿記の形式で帳簿をつけることが義務付けられているだけあって難しい面はあると思いますが、65万円までの所得控除が受けることが出来るというメリットがあるのです!

Follow the comments through the RSS 2.0 feed. Both comments and trackback are closed.

Comments are closed.